グルコサミンと関節痛の関係

新着記事

他のサプリ成分

関連サイト

管理人紹介

グルコサミンと関節痛の関係

ここでは、なぜグルコサミンが関節痛に効果があるのかを説明してみたいと思います。

人間は加齢と共に関節の中にある軟骨がすり減ってきてしまうものです。
生きてる間に天文学的な回数の摩擦を繰り返してるわけですから、、、すり減るのも当たり前ですよね。

すり減った分、軟骨を再生する能力は若いころにはありますが加齢ととも生成できる量が少なくなってくるんです。
更に言えば、軟骨は若いころは柔軟性があり水分豊富で柔らかい物ですが加齢と共に硬くなってきます。
そして最後には加齢とともに体重が増加し関節に負担がかかってしまうということ。 これが全て重なって起きてしまう現象が関節痛なんです。

そこで活躍するのが、軟骨の再生に効果があるグルコサミンです。
他のページでも書きましたが、医師が処方する程の強力な成分になります。
現在はグルコサミンとコンドロイチン(併用することで効果倍増)が手軽にとれるサプリメントが多く販売されています。

グルコサミンは食物から摂取することはなかなか難しいです。
だからこそ、サプリメントでグルコサミンを補充しなければいけないわけです。

その効果は人それぞれですが、早い人では1〜2週間。
一般的には2ヶ月以内とも言われています。

痛みを和らげることはできますが、軟骨の再生自体にはとても時間がかかるというのが現状です。
関節痛を根本から治療するのであれば、グルコサミンにプラスして定期的な運動と「DHA・EPA」の摂取でより効果が出ると言われていますよ。